<output id="xz3x5"></output>
      <i id="xz3x5"></i>

      <ins id="xz3x5"></ins>

          <ins id="xz3x5"><form id="xz3x5"><b id="xz3x5"></b></form></ins>

              キレート剤?防錆剤?吸著剤の専門メーカー

              製品情報

              キレート繊維>主な特長

              キレストファイバー® の主な特長

              金屬吸著が速い

              キレストファイバー® は繊維表面にキレート官能基が存在しており、溶液との接觸効率が非常に高いため、溶液中の金屬イオン?半金屬イオンを素早く吸著することができます。

              低濃度除去性能に優れる

              キレストファイバー® のキレート官能基と金屬イオン?半金屬イオンの高い反応性により、溶液中の金屬イオン?半金屬イオンを10ppb以下まで除去することができます。

              選択吸著性に優れる

              キレストファイバー® G シリーズは半金屬を選択的に吸著し、共存する重金屬やアルカリ金屬、アルカリ土類金屬の影響をほとんど受けません。
              キレストファイバー® I シリーズは重金屬、アルカリ土類金屬、希土類金屬、貴金屬、アルカリ金屬等、多くの金屬イオンを吸著しますが、それらには優先順位があります。溶液のpH條件等によっても異なりますが、概ね以下のような優先順位を持っております。

              【キレストファイバー® Iシリーズの吸著優先順位(pH2.4)】
              Cu2+, Pb2+>Fe3+, In3+>Ga3+>Ni2+>Cd2+>Al3+, Zn2+>Cr3+, Co2+
              >Bi3+>Mn2+>Ag+, Ca2+, Mg2+, Ba2+, Sr2+>>>Na+, K+, Tl+

              金屬の溶離回収、再生使用が可能

              キレストファイバー®は強酸性領域では、ほとんどの金屬イオン?半金屬イオンを吸著しません。
              その性質を利用し、吸著した金屬の溶離?回収、またキレストファイバー® の再生使用が可能です。
              通常は0.5~1.0Nの鉱酸(塩酸や硫酸)を使用します。
              キレストファイバー® の再生は繰返し行うことができます。所定の再生條件下においては、繰返し再生を行っても吸著性能に顕著な低下は認められません。

              有機溶媒でも使用可能

              キレストファイバー® は有機溶媒に対する耐溶解性に優れており、極性?非極性の區別なく様々な溶媒に使用が可能です。

              耐熱性に優れる

              キレストファイバー® は母體にセルロース繊維を用いており、熱に対して安定です。80℃付近の環境においても吸著性能が著しく低下することはありません。

              亚洲日韩无线免费观看_馬与人黃色毛片一部_2017年亚洲天天爽天天噜_小草视频手机在线视频